訪問歯科診療をお考えのご家族の方・介護施設の方へ

訪問歯科診療について

大阪・兵庫を中心に病院や施設・ご自宅での訪問歯科診療を行っている健志会グループでは、通院困難な方や要介護認定者など直接治療を受けられない方に対して、訪問歯科診療を行っています。「うちのお父さんは足が悪いから」「寝たきり状態ではむし歯治療はできない」と診療をあきらめていた病院や介護施設、ご家族の方は当グループまでご連絡ください。歯科医院で受ける治療と同程度のクオリティの高い訪問歯科診療をご提供します。

訪問歯科診療の受診をおすすめする方

以下の項目に該当する方、もしくは知り合いに以下のような方がいる場合は、訪問歯科をおすすめします。ぜひご検討ください。

お一人で歯科医院まで通院するのが困難な方(付き添うのが難しい方など)
寝たきり状態、認知症などの疾患を抱えている方
  • 入れ歯があっていないようだ(入れ歯をつくりたい)
  • 最近、飲み込みが悪く、のどにつかえた感じがする
  • 足が痛いので通院が難しい
  • お口の中の臭いが気になる方
  • 寝たきりなので、お口の中の手入れができない方

※訪問歯科診療の対象かどうかわからない場合は、お気軽に健志会グループ 訪問歯科事務局までご連絡ください

訪問歯科の診療予約はお電話かお問い合わせフォームで 健志会グループ 訪問歯科事務局 ☎06-6309-8830 お問い合わせはこちら

ご家族の方へ

健志会グループの訪問歯科診療の実績

健志会グループの訪問歯科診療では、通院とかわらない高品質の治療を行えます。その実績の一例としては、その実績の一例としては、ポータブルユニット(治療用の機械)やポータブルレントゲン、嚥下内視鏡など、治療に必要な機材はほぼ持ち込みが出来ます。

「胃ろうの患者様が徐々に食事が出来るようになった」
「入れ歯を調整したらよく咬めるようになった」
「適切な入れ歯にすることで、食事が楽しみになった」
「発熱が少なくなった、なくなった」
「口臭が気にならなくなった」
「ベッドサイドで寝たままでも治療ができる」
「インフルエンザや風邪をひきにくくなった」
「通院させるご家族の負担がすごく軽減された」
「診療内容をきちんと報告してもらえ、安心である」

など、患者様はもちろん、ご家族の方にも喜んでいただいております。

健志会グループの訪問歯科診療の実績

また寝たきりだった患者様の入れ歯を作りかえたところ、歩けるようになったという事例もあり、直接口腔内とは関係ない症状でも、ケアすることにより思わぬ改善が見られるケースもあります。訪問歯科診療をご検討中の方は、ぜひ一度訪問歯科事務局に相談してください。

介護施設従事者の方へ

訪問歯科診療の重要性

高齢者の方にとって“食べることは生きることと同義”であり、お食事の時間が「一番楽しみ」であるとのデータもあります。

そのため、多くの高齢者の方に食べる楽しみを末永く味わっていただくためにも、「健志会グループ訪問歯科事務局」では積極的に訪問歯科診療を行っています。施設に訪問して歯を磨くだけの診療ではなく、週に1回伺い患者様の口腔内のお手入れをし、歯科医院と同等の高い技術を駆使して対応させていただいています。

特に施設や病院では、利用者全員が口腔内の衛生維持管理を行うことで、全体の医療費の削減にもつながると言われています。痛いときだけではなく、高齢者の口腔機能改善のための訪問歯科診療。生活の質(QOL)の向上への最善策だと思っています。

『厚生労働省 在宅医療後押し』

※入院した患者が自宅での訪問診療に移れば、医療費が減るとの見方もある。政府の試算では訪問診療にかかる自己負担と保険給付を合わせた医療費の総額は1人あたり月に約32万円で、慢性期患者の入院(約53万円)より4割安い。入院するとささいな体調不良でも治療を施すため、医療費が膨らみやすいとの指摘がある。

※引用元: 2015/7/10 日本経済新聞 電子版

お口のケアによって病気を未然に回避 口腔ケアで誤嚥性肺炎予防はこちら

食事形態のチェックや飲み込む動作の練習を行います 摂食嚥下リハビリテーションはこちら

お問い合わせから実際にスタッフが訪問する時まで 訪問歯科診療の流れはこちら

訪問歯科診療の診療予約はお電話かお問い合わせフォームで 健志会グループ 訪問歯科事務局 ☎06-6309-8830 お問い合わせはこちら